小笹丸城 岡山県井原市美星町黒忠

標高370m 比髙60m 

主な遺構:土塁・竪堀・井戸

アクセス

 美星町星田の美星中学校西側を走る広域農道は別名「星の里街道」。星田からこの道を北西に約3km進むと県道292号が右手から合流する。この交差点に小笹丸城の説明板が設置されている.登り口もここにある、

         

 小笹丸城の主は竹野井(竹井)氏。大永年間(1521−28)には竹野井市朗衛門尉、天正3年(1575年)には竹野井常陸守氏高・竹野井又太朗春高が居城したという(現地説明板による)。

 天正2年、三村元親が毛利氏から離反し織田信長と結んだことから、毛利軍が備中に進攻して備中兵乱と呼ばれる戦いが始まる。三村氏の本拠である備中松山城では、籠城した部将のうち竹井宗左衛門尉らの内応が相次ぎ、翌年5月三村氏は滅亡する。

 その後毛利軍の備中・美作進攻のなかで、竹井宗左衛門尉は現地の情勢や地理に明るい「方角の衆」として活躍することになる(桂岌圓覚書ほか)。この宗左衛門尉も竹野井の一族と思われるが、天正期の小笹丸城主とされる竹野井氏高・春高との関係はわからない。

 小笹丸城のある黒忠の南側、星田には三村氏一族の居城と伝える金黒山城があって、この戦いで毛利軍に攻め落とされたと伝えるし、北西6kmの国吉城も激戦の末落城している。その中で小笹丸城を舞台とした戦いが伝わらないのは、この戦いの中で竹井氏が毛利方に属したことが関係しているのかもしれない。 

 

 丘頂の主郭は一辺30~40mの不等辺四辺形。北辺から東辺にかけて土塁を備え、曲輪の周囲は高さ6~10mの鋭く急峻な切岸となる。

 主郭への登り道は南北両側にある。北側のものは土塁の切れ目に上ってくるもので、左右の塁線をわずかにずらした丁寧な造りの食違い虎口。 南側のものは急峻な切岸を2度折り返して上る道で、あるいは後世の作業道なのかもしれない。

 主郭を囲む腰曲輪はわずかな段差をつくりながら主郭を一周する。主郭東側では切岸下に通路を兼ねた横堀が巡り、横堀外側も整形されて曲輪となる。ここは背後の尾根に繋がる部分で、これに備えてさらに2段の曲輪が鞍部を見下ろす位置に築かれている。

 腰曲輪に上ってくる道としてa、bがある。南斜面から上ってくるbの道は、腰曲輪からの迎撃が可能で、素朴な坂虎口だが意外に防御の堅い虎口。西斜面のcは後世の作業道のように思える。また北斜面の竪堀も堀底道として利用された可能性がある。

 北斜面の竪堀脇の小郭には石組み井戸が完全な姿で残る。

 井戸はやや斜めに穿たれていて薄暗く、底は見えない。恐る恐る覗き込んで巻き尺を垂らしてみると、その深さは10mを越える(『美星町史』には深さ16mとある)。井戸には頑丈な柵が巡らしてはあるのだが、ご用心あれ。井戸曲輪の両側は上方斜面を削り出した土塁が囲み、土塁外壁下には竪堀も刻まれて、厳重な防御を施した曲輪となっている。

主郭。小さな社が鎮座する

主郭北虎口脇の土塁上、投石用に集積したものと思われる川原石が。

主郭東側の横堀

石組みの深井戸。やや斜めに穿ってある

参考文献

 美星町史編纂委員会『岡山県美星町史』 1976年

 現地説明板

 

矢倉畦城 岡山県加賀郡吉備中央町上竹 

別名:矢倉城、矢倉畝城、桝形城

標高588m 比髙240m

主な遺構:土塁・堀切

アクセス

 吉備中央町役場賀陽庁舎から南方に見える矢倉山山頂に矢倉畦城がある。賀陽庁舎から西へ600mほど進むと「道の駅かよう・賀陽インター」の指示板がある。ここで左折し南へ2kmほど進むと左手に矢倉城の案内板が設置されている。案内板の先を左折して室納に抜ける林道に入る。室納集落に越える峠が登り口となる。

     

 矢倉畦城は標高588mの矢倉山にあって、城跡からは西麓から北麓にかけて広がる竹庄盆地を一望の下に収める。

 城の規模は南北50m×東西50m程度。小規模な単郭の城だが、急峻な切岸に防御された土塁囲みの城となっている。切岸の高さは4~5m、直線的に整えられた城壁には折が入って、横矢を掛ける工夫も見られる。曲輪の北東隅にはわずかな窪みがあって、通路が入ってくるからここが虎口らしい。

 曲輪内部には未加工の斜面が残り、充分に削平されてはいない。曲輪内を丁寧に均して居住スペースにすることよりも、曲輪の縁に土塁を盛り、切岸を急角度に加工するといった軍事的要素が優先されたということらしい。

 山頂から三方に延びる尾根のうち、堀切が刻まれているのは唯一南西尾根だけ。それも切岸下に沿って築かれており、下方斜面には伸びない。この堀切を外れると切岸下には帯状の平坦地が広がる。これは切岸形成時に生まれた緩斜面に過ぎないようだ。

 

「古戦場備中府志」によると、本城は田中藤九郎盛兼が築城したという。

 天正2年(1580)、 備中松山城主三村元親が毛利氏から離反し織田方についたことから、毛利軍が三村氏討伐のため備中に出兵。いわゆる「備中兵乱」が始まる。軍記「備中兵乱記」には「多気(竹)庄には矢倉畦・庄田山・野山の城数ヶ所に日々放火」とあって、竹庄一帯でも三村方の城への攻撃が行われたようだ。

 矢倉山北麓に設置されている説明板によると、矢倉畦城から北西に延びた稜線の先端付近、地蔵ケ鼻と呼ばれる小さな丘がある。ここは矢倉畦城の北方防衛の拠点であって、竹庄合戦の戦場となった所だという。

 備中兵乱当時の矢倉畦城主は田中掃部介とされるが、三村氏滅亡ののち、毛利の部将難波伝兵衛親俊が在番した。伝兵衛はその後秀吉軍の水攻めで知られる備中髙松城を守備しており、髙松城落城の際、清水宗治と共に切腹している(「難波家由緒書」『賀陽町史』)

曲輪の中央部には説明板と石仏が

土塁と急角度に加工された切岸

左右に横切る急崖が矢倉畦城の城壁(切岸)。 周囲には緩斜面が広がる

曲輪の南東隅

室納に越す峠からの登り口

参考文献

 賀陽町教育委員会『賀陽町史』 1972年

 「備中兵乱記」(『吉備群書集成』第三輯 歴史図書社 1970年)

 「中国兵乱記」(『吉備群書集成』第三輯 歴史図書社 1970年)

 「古戦場備中府志」(『吉備群書集成』第五輯 歴史図書社 1970年)

野路山城 岡山県加賀郡吉備中央町上竹陰地

標高430m 比髙80m  

主な遺構:土塁・横堀

アクセス

 吉備中央町役場賀陽庁舎から県道31号を南西に4km、正金交差点の東方丘陵上に野路山城がある。正金の交差点から山裾の陰地集落を経て東の丘陵へ向かう車道が延びている。

                     

 野路山城のある竹荘盆地は旭川の支流宇甘川の上流部に位置する。城の西麓正金付近(案内図参照)が旭川水系と高梁川水系の分水界にあたるのだが、一帯はなだらかな丘陵の中に水田の広がる平地分水界となっている。

 竹荘盆地を見下ろす標高588mの矢倉山山頂に矢倉畦城があり、ここから南西に延びた尾根の先端、標高430mのピークに築かれたのがこの野路山城だ。当城の南東200mの所(案内図A)にも遺構があって、「おかやま全県統合型GIS」はこれを野路山城の一部かとしていたが、最近発行された『岡山県中世城館遺跡総合調査報告書』では「陰地城」となっている。

 野路山城の遺構は丘陵頂部に設けられた一辺25m四方の土壇からなる。土壇外壁の高さは数十cmから1m程度。普通なら土塁外壁下を巡るはずの空堀が土壇の縁に沿って巡る不思議な姿なのだが、一応土塁・空堀囲みの曲輪と言えなくもない。

 ただ、この「土塁」は曲輪面と同じ高さだから、防御の楯となるのは高さ1mにも満たない土壇外壁面だけということになる。さらに土壇の外側にも緩斜面が広がるから、一見してこれが城跡だと判断するのはむずかしい。  

野路山城。郭内には模擬の櫓があり、麓から見上げられるように電飾が設置してあった。 現地には高さ1m程度の土壇が残るだけだから、一見して城と判断するのは難しい

 

 A(陰地城)は野路山城より20mほど高い位置にある。同様になだらかな丘頂部を土塁・横堀で囲んだ城だ。下降斜面となる西側を除く三方を横堀が囲む。

 城の規模は一辺30mほど。土塁外壁の高さは2m前後、内壁側では高さ1m前後で、曲輪の内部はほぼ平坦に加工されている。東西両辺に各1カ所土塁の切れ目があって、これらが虎口と思われる。

Aから野路山城を見下ろす。建物(模擬の櫓)のあるところが野路山城

A(陰地城)の東辺。土塁と横堀で囲まれている

Aの四周を囲む土塁

 『賀陽町史』は野路山城について「10間四方と7間四方の土塁の形が残り、約1反歩くらいの方形の平坦地をなしている。俗に人桝といわれている」と記している。この「10間四方と7間四方」が、二重の四角形に見える当城について記したものであれば、確認した遺構は記載されたものより少し広い。

 また「人桝」との呼び名について、 「人(兵)を収容する桝型の土地」と読めば、野路山城はまさに陣城であり、遺構の面から見ても一時的な軍事拠点として使用されたものと言える。

 さらに同書は、野路山城が北東側1.7kmにある矢倉畦城の支城と考えられるとし、備中国川上郡黒忠(井原市)を本拠とする土豪竹井宗左衛門尉直定が守っていたという伝承を載せる。確かに矢倉畝城からは野路山城とAの双方が視界に入るし、いずれの城も陣城に特徴的な縄張りを見せるから、これらの城はいずれかの戦いに際して築かれたもののようだ。

 竹井氏が本拠地の黒忠を離れてこの城に在番したとすれば、この城が築かれた時期として、竹井氏が三村氏から離れて毛利方に属する事になった天正2年の備中兵乱の時が考えられる。

 あるいは天正7年か。この年、宇喜多氏が毛利を裏切って織田方に属したことが判明すると毛利・宇喜多両氏の境目で軍事的緊張が高まる。竹庄でも不穏な動きがあったようで、毛利輝元は、竹庄一帯が悉く敵方についたのかと熊谷就真に訊ねている((九月十一日付毛利輝元書状、『萩藩閥閲録』巻127)。

 

参考文献

 岡山県古代吉備文化財センター『岡山県中世城館遺跡総合調査報告書』 2020年

 webサイト「おかやま全県統合型GIS

 賀陽町史編纂委員会『賀陽町史』 1972年

石見銀山 山吹城  島根県太田市大森町銀山

別名 要害山城

標高414m 比高240m

主な遺構 土塁・石垣・堀切・横堀・畝状竪堀群

アクセス

 石見銀山大森観光案内所前から谷間の道を南西に1kmほど進むと山吹城登山口の指示板がある。山頂まで良く整備された道が延びている。

       

  山吹城は周防国戦国大名大内氏が大森銀山防衛のために築いたとされる。享禄四年(1531)から約30年の間、石見の国衆小笠原氏と尼子・毛利の両氏が加わって銀山争奪の戦いを繰り返すが、永禄5年(1562)からは毛利の支配下に入った。江戸時代に入ると石見銀山は幕府領となり、山吹城は廃城となった。

大森の町並みから見上げた山吹城(2022年6月2日撮影)

仙の山から眺めた山吹城。撮影した20年余り前には整備された城跡部分がくっきりと見えていた

 山吹城はお椀を伏せたような形の山に載る。広々とした山頂部には塁線を直線的に整えた端正な曲輪が連なって、まるで近世の城を思わせる。その一方、比高240mに及ぶ山は中腹が急崖となっているから、難攻不落という言葉がぴったり当てはまる城となっている。

 東麓からの登城路(案内図参照)は、前半は谷沿いにつけられているが、後半は尾根伝いの道で、鉄製の手すりとコンクリート製の板が設置された急階段となる(下写真)。その上、道の両脇は切れ落ちているから、足のすくむような険しい道となっている。このような状況だから本来の登城路もこの尾根にあったものと思われる。

山吹城縄張り図

 この登城路が上の縄張り図4郭に上ってくる。攻め上る敵は側面にある5郭と、虎口部を正面から見下ろす位置にある3郭からの攻撃を受けることになるはずだ。

 虎口をくぐった道は3郭へ、さらに石垣の築かれた2郭をへて1郭(主郭)へ向かう。1郭北辺には櫓台( a )があり、城壁には折も入って横矢の掛かる厳重な虎口となっている。

 1郭南側の横堀( b )は幅10m、深さは1郭との間で5m。東端がふさがれ、ここが土橋となって下方の郭とを結ぶ通路となっていたようだ。中世山城で曲輪の切岸下に沿って築かれた横堀は、水平ではなく多少のアップダウンを伴うのだが、b の横堀は中世山城のものとは異質で、近世の城を思わせるものだ。

 主郭南側で要となる曲輪が6郭で、主郭脇の通路によって2郭と繋がり、南下方の曲輪から上がってくる通路に虎口を開く。6郭脇のcは虎口脇を固める櫓台のようだ。

 城の南側斜面は大規模な畝状竪堀群で覆われる。竪堀の数は合計21基。竪堀の上端には迎撃拠点となる帯曲輪があり、竪堀群の下端から発生する支尾根には堀切一基が刻まれていた。 

 竪堀群の築かれた所は、立木にすがらなければ立っていられない急斜面であり、国土地理院の地形図で等高線の間隔から斜面の傾斜を調べてみると、高度差:水平距離=60m:70m。間違いなく40度を超える急斜面だ。従って竪堀群を築くことによって防御を強化するというより、攻め寄せた敵軍に攻め上ることを諦めさせるためのものと言えそうだ。

 いずれにしてもこの城に一旦籠城すれば、攻め手は力攻めで攻め落とすことは難しく、包囲して持久戦を選ぶしかなさそうだ。石見銀山の重要さを改めて感じさせる城となっている。

山頂に設置されていた案内板(20年余り前に撮影したもの)

主郭から2・3郭方面を撮影(20年余り前に撮影したもの)

 3郭は笹藪に変わっていた(2022年6月2日撮影)

仙の山展望台に設置してあった写真(2022年6月2日撮影)。

 最後に一言。

 山吹城が世界遺産に指定された時、恐らくきれいに整備されたのだろうと思うが、今回訪ねてみると、藪に覆われて遺跡を見て回ることが出来ない状態になっていた。植樹して木の数をもっと増やすことなど、関係者の方に是非検討をお願いしたい。

 

参考文献

 渡辺世祐『毛利元就卿伝』 マツノ書店 1984

 島根県教育委員会『石見の城館跡』1997年

 『日本城郭大系』14巻鳥取・島根・山口 新人物往来社 1980年

 

 

 

 

宮島 七浦巡り

 たまたま厳島神社のHPを見たら、「安芸の宮島まわれば七里、浦は七浦七恵比寿」という里唄があって、宮島の海岸線に多数ある神社のうち、七つの浦に祀られている神社を「七浦神社」というのだそうだ。

 七浦巡りは、厳島神社のご祭神が島を一周して自らの鎮座の地を探したことに由来すると言い伝えられ、七浦神社を巡る神事「七浦巡り」(「御島巡り」)が毎年3月・9月・5月15日に行われている。神事としての七浦巡りは船で海上から、あるいは上陸して祝詞奏上などを行うもので、一般の人は参加できないらしい。 

 宮島の海岸線の長さは、里唄のいう七里より少し長く30kmほど。国土地理院の地形図で見ると、島の南寄りには車道はおろか、破線で示される徒歩道すら無い区間が8kmもある。宮島を一周した人の記録をネットで調べると、踏み跡程度の道があるそうで、干潮の時間には磯や干潟をあるいていた。

 5月3日、海岸線を歩いて七浦神社に参拝する「七浦巡り」に出掛けた。

 宮島桟橋に7時15分到着。さすがゴールデンウィークの最中とあって、この時間すでにフェリーの中は人であふれていた。しかし桟橋から歩き始めるとすぐに観光客の姿はなくなり、地元の人と鹿を見かけるだけに。

一番目 杉之浦神社

 

 七浦神社の一番目、杉之浦神社に参拝してしばらく進むと、厳島合戦で毛利軍が上陸した地とされる包ヶ浦がある。海岸に広がる包ヶ浦キャンプ場には行楽客・キャンパーの姿が。

 

 包ヶ浦の先は尾根越えの道。やがて鷹ノ巣浦を遙か下に見下ろす高巻きの道となる。ここは日露戦争に際して、広島湾要塞を守るため、鷹ノ巣山山頂付近と海岸に砲台が設置されたという。下写真は車道脇に見えたもので、これも鷹ノ巣砲台の一部だろうか。

車道脇にはレンガ造りの施設が(砲台跡?)

探照灯跡」車道脇の岩山をくり抜いて造られていた

鷹ノ巣浦の東方には砂州で繋がった双子島が見える。かつて海水浴場があった絵の島だ。

 

 包ヶ浦の先は砂浜が少なくなり、車道は海岸の急崖上につけられた道となる。たまに現れる砂浜に下りると神社が祀ってあるという具合。

二番目の鷹ノ巣浦神社は鷹ノ巣浦に鎮座していたのだが、砲台建設によって入浜に移されている。

三番目 腰少浦神社、砂浜には釣人が。

四番目 青海苔神社、

養父崎神社(七浦神社に含まれない)    
養父崎神社の先の五番目山白浜神社は、GPSログでみるとすぐ目の前にあるはずなのに巡り会えなかった。

 

 宮島桟橋から時計回りに青海苔浦までは車道があるのだが(ただし車が進入できるのは腰少浦神社まで)、その先は地形図にも徒歩道の記載がない踏み跡の道を歩くか、磯を歩くかの二択。

青海苔神社から山に入ってみたら、絶壁の上に意外にしっかりした道の形が。

 

 歩いた5月3日は昼前が満潮となっていて、磯歩きをあきらめ山道へ。意外に踏みならした道だと思ったのもつかの間、次第にわかりにくくなり、えいや!と磯歩きへ。

 波打ち際の岩をよじ登ったり飛び移ったり、水中を歩いたり。なかなか楽しいのだが、岩に張り付いたフジツボや牡蠣に触れたらしく、いつの間にやら腕も足も血だらけ。

ここから磯歩き。

山道に設置してあった指示板

 それでまた山道へ。山道には要所に指示板が設置してあったのだが、肝心の踏み跡がはっきりしないので右往左往。

 宮島南端の革篭崎からは再び海岸歩き。ただ、本土側に向いた西海岸側はしだいに砂地の海岸に替わってきたから、ほっと一息。

 歩ける限り干潟を歩いて宮島桟橋へ。到着は7時23分。長い一日となった。

 

宮島の南端革篭崎。奥には大竹・岩国のコンビナートが見える

六番目 須屋浦神社

七番目 御床神社

厳島神社の大鳥居は工事中。干潮時で鳥居の周りは干上っていた

 この日の歩行ルート(ヤマレコ「宮島一周浦巡り」より)